子供の落書き帳 Remix

15/4/13:ひと月に一度更新するブログになってしまっている

2018年の目標
2018/02/04(日) 22:12:22

2017年の振り返りをしたことだし、2018年の目標を考えることにする。
2017年振り返り 子供の落書き帳 Remix
実現性をガン無視して適当に目標を立てるだけなら簡単である。しかしながら、目標を立ててそれを達成するためには、それに応じた時間と労力を費やさねばならない。その目標のために自分がどれだけのリソースを出せるかを考慮に入れると、適切な目標設定もなかなか難しいものである。

仕事



仕事上の目標を一言で言うと、キャリアに目途をつける。何だか奥歯に物が挟まったような言い方をしているが。
「仕事おおお……このまま今のやり方を続けてて大丈夫かなああああ……」という気持ちでいるのでそれを「これで大丈夫」と言えるようにする。これでもまだ曖昧だな。
その「大丈夫」というのは決して、「自分がいる会社の業績が安定しているから大丈夫」ではない。(そんなものは自分でコントロールできない。)「自分に実力があるので食いっぱぐれないから、最悪会社が潰れても大丈夫」という方の意味だ。だから「食いっぱぐれない程度の実力をつける」という意味になるのだろう。

それでここで話は少し飛ぶのだが、
業務で機械学習をやる人になりたい。現状で未経験から機械学習する人になるには、どうすればよいか。
この分野は次から次へと新しい本や教材が登場するから、年末までの計画をキッチリ組んだところで、途中で状況が変わりました、ということは十分ありえる。計画を立てづらいのは間違いない。しかしそう言って何も目標を立てないと、挫折するのは目に見えているので……

◆コードが書けるようになるために、fast.aiを進める。
これは7章に分かれている。2週間に1章を進めるようにしよう。2月から始めると、5月前半で終わる計算になる。
fast.aiのページを見ると「you should plan to spend around 10 hours a week for 7 weeks to complete the material」と書いてある。1章10時間か。(コースを提供する側では1章に1週間かける)
毎日30分を取って勉強すれば2週間で7時間は確保できる。あと3時間は土日で確保すればよいだろう。

でもhttp://sanshonoki.hatenablog.com/entry/2018/01/04/071416を読むと
「レッスンあたり10時間、you should plan to spend around 10 hours a week for 7 weeks to complete the material と書いてありましたが3倍ぐらいは必要な印象です。」と書いてある。えーー、どうしよう。ちょっと進めてみてペースが想定どおりでなかったら再考しよう。

◆kaggleで一回以上提出
「タイタニック号(kaggle内でチュートリアルとして使われている)」とかはノーカウントにしたい。kaggle踏み入れてないので目標の精度が低い……進めていけば「あ、これが自分にとっての目標だな」と分かってくるかもしれないけど。

競技プログラミング


水色から青色になる。
と書くのは簡単だが、この目標はちょっと危うい。何故ならば、コンテストに出続けていてもレーティングが下がって目標から遠ざかる恐れもある。
これに対して、例えば「500点の問題を100問解く」という目標ならば、1問解いたらその分目標に近づくことは間違いない。目標から遠ざかる心配はない。「コンテストにN回出る」なんかも同様だ。
そんな意味で悩ましいのだが、実力レーティングってのは大変わかりやすい指標なので、これを目標にしようと思う。
青色(1600)は、この調子でやっていけば達成できそうなので面白くない。レーティング1800を目指す。

そのために何をすればいいかというと……

以下について何も見ないで書けるように
・2次元DP
・累積和

あとグラフが苦手なので、以下は「何も見ないで書けるように」かつ「ライブラリにして再利用可能にする」まで目標にしたい。
・幅優先探索
・深さ優先探索
・ダイクストラ法
・ワーシャル・フロイド法

その他技術系



・ブログ週1で書く
間違いなくこの辺の影響ですね。
「ブログを書く技術」を発表した - kakakakakku blog
アウトプット駆動学習を習慣化する - kakakakakku blog
残念ながら俺にはブログメンターなんて素晴らしいものが無いので、どれくらい続くかすこぶる怪しいですが、この記事で3週間目です。

・ちょいちょいLTで発表する
・pythonやる
驚くなかれ、(機械学習プログラマーを目指しているくせに)pythonが満足に書けない。
「達人プログラマー」で「1年に1つは新たな言語を覚えよう」という話があったけど、今年何にするかといえば間違いなくpythonになるだろう。

基本的に「役に立たないことは勉強してもあまり意味がない気がする」という思考をしてしまうので、現在の業務に直結するようなものだけ勉強しがちになるという傾向がある。現状の仕事に無関係な技術も、もうちょっと節操なくというか気軽に弄ってみて良いんじゃないかと思う今日このごろ。
(プログラミングに関係ない話なら、結構色々な分野に興味を持っていると思うんだけど。社会人3年目の俺が本を読んで勉強したい分野まとめ 子供の落書き帳 Remixなんでプログラミング・技術系となると視野がとたんに狭くなっちゃうんだろう?)

↓の記事に書いてあるとおり、別段の予定がなくても月一度くらいは有休取って自分の勉強に当てるとかした方がいいのかな。(2017年も少しやってはいたのだが、家庭の事情と炎上業務のせいで途中でやめてしまった)
転職時に納得のいく決断をするための4つの準備事項 - ktdiskのブログ
30代キャリア考 様々な刺激を受けながら疾走する - ktdiskのブログ

音ゲー



サンボルのモチベーションがいつまで続くか分からないけどwそして成長速度がどれくらいかって難しいんだけどなぁ……
・18のクリア1曲以上
・金枠後光魔騎士を取る
・その後で、金枠剛力羅を取る
あたりですかね。

DDRはシングル全曲クリアという長期的な目標があるにはあるけど、現在のモチベーションが低いので特に考えていない。

まとまりがなくなったけど、取りあえずこんなところで。
  1. 2018/02/04(日) 22:12:22|
  2. 月ごとのまとめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年振り返り
2018/01/20(土) 14:41:46

仕事



◆作業内容は?

2月~3月 試験作業と、発生した問題の調査分析
4月~6月 ライブラリ開発作業 ここだけは0から開発してた
7月 暇すぎた
8月 試験作業
9月 大炎上したプロジェクトの手伝いに駆り出される。残業が月60時間を超えて俺史上最高になった。
10月~12月 信号処理の向上 試行錯誤が多いけどまぁまぁ楽しい。

・「マジでやる作業が無いわ」って期間がある一方で、線表がギリギリ納期に間に合うかどうかというカツカツの時期もある
・試験をするプロジェクト(=ソースコードをほとんど書かないプロジェクト)をやってる時期はツラい

あと「チームで情報共有するためのwikiがあったほうが良いんじゃないですか」って言ってRedmine入れた(wikiのためだけに)。でも俺だけしか書いてないんだよな、どうやって他の人にも使ってもらえば良いんだろう。純粋に技術だけの話なら良いけど、人を巻き込むみたいなのはなかなか苦手だ。

◆資格
9月末にLPIC102取ってLPICレベル1を取得した。
そういや101取ったときはブログの記事を書いたのに、102のときは書いてないね。

◆得たスキル
考えてみたら、ほとんど無いんじゃないか……((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

基本的には「手持ちの知識と技術を使って作業をする」のが多いから、新たに知識と技術が身につくのがあまり多くはない。全くないわけじゃないけど。Redmine用のサーバをセットアップするときにネットワークの設定に苦労して、コマンドや設定ファイルの知識が身についた……くらいか? あとはvimを少しだけ覚えたくらいか? 何だか不安になってきたぞ。

あまりスキルが向上していないのは、メインで使っている言語がC言語なのが大きな要因だと思う。
C言語は基本的な言語仕様はそれほど複雑ではないので、ある程度学習するとスキルが頭打ちになりやすい。「処理量を少しでも削減したい」というような特殊な領域に手を出すと、覚えることは増えそうだが。

炎上したプロジェクトについても、「難易度が高いから、仕事を通じて知識を身につけた」というわけではない。
「難易度はやや高い程度だが、締切までの期間に比べて作業量が極端に多いから長時間残業せざるを得ない」という状態だったので、修羅場をくぐって知識や技術を得たとは言い難い……
教訓を得たとすれば……そうだな、「危険を感じたらそれは大抵の場合正しいから、迅速に上の人に知らせましょう。(ただし上の人に対処できる余裕があるとは限らない)」という点だな。スキルというよりプロジェクトマネジメント関係だけど。

ディジタルフィルタの挙動とかちゃんと勉強しとけば良かったな。余裕がないと納期に間に合わせるので精一杯になるから、そこまで手が回らないのが悔やまれる。あー、くっそ、それを自学自習で補えばよかったのか。

この間見かけた記事で「ITエンジニアが重視するのは成長機会」って話があったけど、成長機会……あるかな……悩ましいな……
ITエンジニア採用に欠かせない原則とは (1/5):IT人材ラボ

競技プログラミング


AtCoderレート 2017年始め909(緑)→2017年終わり1457(水色)
コンテスト出場が19回、うちレートが変動したのが16回。

AtCoder Linusレート変動
年の後半はあまり伸びていないや。
コンテストの最中はしっかり問題に取り組むけど、それ以外の自学自習をほとんどしていないから、スコアの伸びはそれほど速くない。
(この点はオリエンテーリングに対する態度と似ている。オリエンテーリングの大会には参加するけど、それ以外の走り込みとかを全くと言っていいほどやらない)
2018年はどれくらい力を入れて取り組むかな……

その他技術系


connpassを見てみたら、機械学習まわりに関心を持ってて「ゼロから作るDeep Learning」の勉強会とか行っていたみたい。
初めてデブサミ行ってみた。普段会社にいるだけじゃ知らない話を聞くことができて良かったので、今年も参加する予定。
あとはBattle Conference U30が楽しかった。今年も開催されるのかな?
技術系の勉強会やカンファレンスは、2017年の後半は事情により参加できなかったけれど、そろそろ復活していきたい。

あとは個人的開発がちゃんとできてないのが問題ですね……

音ゲー



SDVX:ADVX 現在のメイン機種。レベル17の難易度E(きらきらタイム、Triple Counterなど)がクリアできる程度。銀枠魔騎士。IVのプレイ回数は265回(2016/12/21稼働開始)。
DDR:たまにやりたくなってプレイする。しかし一度やらなくなると体力が落ちるから、以前のようにいかない……DDR Aのプレイ回数は121回(2016/03/30稼働開始)。
リフレク:一時期はメインだったのに今では全くやらなくなった。全部リフレシアとスイッチロングオブジェクトが悪い。リフレシアのプレイ回数は51回(2016/12/01稼働開始)。
チュウニズム:レート12.83

こんなところです!それでは。
  1. 2018/01/20(土) 14:41:46|
  2. 月ごとのまとめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012年10月まとめ
2013/03/21(木) 16:40:23

・書いた記事一覧とコメント



面白くて鳥肌が立った本 マルコム・グラッドウェル「天才! 成功する人々の法則」
ダニエル・ピンク「モチベーション3.0」の中に出てきたので続けてこの本を読んだ。「物事が上達するにはどうすれば良いのか?」という話は集中的に追いかけて行きたい。この話題の本が2冊図書館から借りられたので、今も呼んでいる。ジョフ・コルヴァン 「究極の鍛錬」、デイヴィッド・シェンク「天才を考察する: 「生まれか育ちか」論の嘘と本当」である。マルコム・グラッドウェルの「天才! 成功する人々の法則」と重なる部分も多く、併せて読むにはピッタリである。

ブログ書いてはいるけど更新してないや、という話

松丸本舗でスゴ本オフに行ってきた
9月15日のオフ会でしたが書き上がりは10月末。そして当時買った本をまだ読んでいないという……うーむ。

西浦和、KAC課題曲、飲み物
西浦和のDDRは非常に環境がいいのだけど、定期券範囲外で時間と金が余計にかかるのが悩み。

閉店直前期の松丸本舗の書棚に残された謎の書き込み
……松丸本舗の店員も粋なはからいをするなぁ、としみじみ感じた。あくまで予想ですが。


・10月は何してたっけ?



10月初旬は相変わらずFORTRANと格闘して図を打ち出してた。

10月8日 サイハテEXTをクリア。レベル9初クリア。



10月13日 BM4thで昼飯。……と言っても集まったのは4人ですが。

10月14日 金の聖夜霜雪に朽ちてEXTをクリア。レベル9の2曲目。

10月17日 どうしてこうなったEXTクリア。レベル9の3曲目。

10月20日 津田大介メルマガ購読開始。今まで「読もうかな読もうかな」と言い続けていたものの何だか面倒で放置しておいたのだが、エイヤとやる気を出して登録。質も良いけど量が凄い。630円/月でこれだけの分量を読めるってのは、凄いと思う。現在は読めずに溜めこんでしまっている……

10月23・24日 全日本トレイル・オリエンテーリング大会(長崎)申し込み。……しかしこの大会は3日間で、真ん中の日にリレーがあるわけですね。リレーと言えばインカレミドルリレーぐらいしか参加してない俺は、「インカレリレーと同様、独りぼっちだったらスプリントがあるだろ」と思っていたらそんな救済措置もないわけですね。というわけで何としても3人チームを組まねばならぬ。ほうぼう探して凸凹チームを結成した(このメンバー構成を話すと皆一様に「なんだそのチーム!?」「どうしてそうなったwwww」という飯能であった)。……あと競技者登録もしていなかったので期限ギリギリに済ませる(これによりトレイル協会の人をヒヤヒヤさせたらしい)。あ、4月からのぶんを更新してないや。

10月22日頃?それより数日前? 研究方針の転換を言い渡される。これまでやっていたネタは最悪の場合「色々実験をやってみましたが、結局良く分かりませんでした」という結論になるおそれがあった。で、確実に修士論文が書けそうなところにシフトするか、と。当時のつぶやき。



以前の研究内容にはそれなりに愛着もあったから、変えた当初は不満が無かったと言えば嘘になる。しかし現在は「まぁ、これでよかったんじゃね?」と思っている。研究を続けて行った結果、成果も出せたし。それに人間は自分の選択が正しかったと思えるように正当化を図る生き物だからな!!(認知的不協和の解消)
認知的不協和 - マーケティングWiki ~マーケティング用語集~


・アクセス解析


10月の検索キーワードを見ながら俺がツッコミを入れるコーナーです。

「ddr 上達 aa埋め」
俺は今レベル12の激譜面をAA埋めしているところ。効果があるかどうかはもっと上手い人に聞いて下さい。

「ddr 天下一武踏会」
惜しい、ちょっと違う。

「ヨハネスブルグ ガイドライン 音ゲー」
これ色々あるからまとめたいwwwwでもやってない。
つい最近見たのは↓の。reflec beatの曲「STRONG」についてのヨハネスブルグのコピペ改変。

814 : 爆音で名前が聞こえません[sage] : 投稿日:2013/03/14 22:50:23 ID:idQONhzq0 [3/3回(PC)]
※版権だから大丈夫だと思っていたら謎リズムのラインとTOPに翻弄されていた。
※プレイから1分した後で、プレイヤーが脳味噌から魂が抜けて倒れていた。
※手元がぐにゃりとしたので、手元を見てみると、指の関節がくの字に曲がっていた。
※序盤から謎リズムが襲いかかり、その後も稼ぎ所が殆どない。
※開始から10秒で、10+強張りのTOP押しをやらされた。
※黄なら大丈夫だろうと思ったら、黄でもやはり謎リズムだった。
※プレイヤーがパステルくんさんレベル20に襲撃され、目が覚めたらグレードがオレンジになっていた。
※FAILEDの2/3がFINAL選択。しかも10挑戦で色気づいてフィルを目指す「中途半端な実力者ほど危ない」。
※「そんな危険なわけない」と初挑戦した赤12が2分後、ARぎりぎりで真っ青になって戻ってきた
※曲さえ聴かなければ大丈夫だと、適当に押したプレイヤーが、AR60%で発狂して帰ってきた
※最近流行ってる攻略法は目押し。リズムなんてあってないようなものだから。
※STRONGでフェーイする確率は150%、一度クリアして、またフェーイする確率が50%の意味
※STRONGにおけるAR不足による死亡者は1日平均150人、うち約20人が青後半。

出典:REFLEC BEAT 初心者スレ 6th BATTLE | ログ速<




・音ゲーのクレ数


DDR 17クレ(プレイ日数:7日)
DIVA 38クレ (プレイ日数:15日)
IIDX 2クレ(プレイ日数:1日)
ポップン 1クレ
総計 58クレ

10月1日から11月4日でKAC予選だった。
その期間なのでDDRが多いかと思ったが、そんなことは全く無かった。
実に、DIVAをDDRの倍以上やっていたらしい。

DIVAについて。
上にも書いたけど、レベル9クリアはサイハテ(プレイ2度目)、金の聖夜(プレイ3度目)、どうしてこうなった(初見)の順にクリア。
サイハテは一般的には9中という評価なのだろうけど、「単純リズム」と「同時押し」が大得意な俺なら綺麗にハマって行けると踏んだ。SYMPHONIC DIVE が8強には思えず8中と感じる人(俺みたいな人)なら9の中でも早めに埋まると思う。
それと並行して「いっちょレベル7に全部クリアマークつけるかー」とクリア埋めしていった。10月21日段階で「ほしをつくるひと」「ピンクムーン」の2曲を残すのみとなった。

DDRはKAC予選でスコア詰め。
しかし、何故だか分からないがやる気が出なかった。


前半3曲(PARANOiA MAX ~DIRTY MIX~、Programmed Universe、REVOLUTIONARY ADDICT)をある程度やった所で終了。


それでは。
  1. 2013/03/21(木) 16:40:23|
  2. 月ごとのまとめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012年9月まとめ
2013/02/12(火) 00:23:23

・書いた記事一覧とコメント



研究集会 子供の落書き帳 Remix

アメとムチはもう古い? 「モチベーション3.0」 子供の落書き帳 Remix

・9月は何してたっけ?



9月1日 東北大大会の前日大会(トレイルオリエンテーリング・スプリント)
あー、これは順位が悪かった……。一問目のときにZの可能性なんて全く考えずに回答したら正解Zだった。で、それを含めて色々ミスった。ついでに正解図貰って検討と反省してたらスプリントのスタートに間に合わなくて遅刻した。

競技後は夜行バスで帰ることは決めていたが、そこまでの時間の使い方をロクに考えていなかった。結局、仙台のとらの○なで時間を潰す羽目になった。んで、タイトーステーション 仙台クリスロード店でDDR他音ゲーして、夜行バスに乗って翌朝帰った。なお、前日の8月31日に仙台から帰る夜行バスを探していたことがtwilogから分かった。いい加減、事前に準備する人になりたい。そして帰ってきた日に研究室に行ってちゃんと研究してた俺を褒めときたい。

9月6~8日 研究合宿
発表を申し訳程度にした。研究合宿と言いつつ結構内輪のものなので、学会よりもずっと緩い雰囲気である。今思うと数値実験全然してなくてダメダメであった。8月下旬からは今まで触ったことのないFORTRANと悪戦苦闘していた。……結局まともなレベルにはならなくて修士論文はMATLABで仕上げたな。何も考えずに書けるMATLAB、最高。

上記の東北大大会の時に買ってきた日本酒を持っていく。宮城県石巻市の阿部勘酒造店から売られている、「於茂多加 亀の尾 純米吟醸」の四合瓶だ。「おもたか」と読み、「蔵元・阿部家の家紋にちなみ命名」だそうだ。於茂多加 阿部勘酒造店懇親会の時にある先生に「純米吟醸……(を持ってくるなんて君、)分かってるじゃない」とお褒めの言葉を頂いたが、すいません仙台駅の地下の酒屋の店員さんのオススメに従っただけです。でも実際うまかったよ。

あと自由時間にはマレットゴルフなるものをやった。序盤は好調だったが、登り坂のコースで何回打っても元の場所に戻るという不動点定理が成立してしまい泣きたくなった。

帰りにUiroUさんとゆっきぃさんと少しだけ踏む(甲府のプラザカプコン?)。

9月14日 レベル10激のアルファベット順でJまでの曲をAA埋め狙い、あと2曲。
BRILLIANT 2 U(原曲)と月光蝶。


9月15日 ほんのまくら、スゴ本オフ。
新宿の紀伊國屋書店に行き、「ほんのまくら」のフェアを見て回る。本の最初の一節のみが分かっている状態で購入するというもの。ビニールでパッキングされているため内部は見られない。舞台裏を含めた話はこちらが面白い:もっと本で失敗しよう!――紀伊國屋書店「ほんのまくらフェア」仕掛け人と一問一答【1】 2冊買って開けてみたら、穂村弘の「求愛瞳孔反射」および梶尾真治の「美亜へ贈る真珠」でした。

本筋とは関係ないが、東日本大震災や原発事故に関連した書籍のコーナーがかなり充実していた。現在はどうなっているか分からないが。地震の避難地域で置き去りにされたペットたちを救う活動を書いた本があったけど、著者が作家の森絵都で意外だなと思った(Amazon.co.jp: おいで、一緒に行こう―福島原発20キロ圏内のペットレスキュー: 森 絵都)。

で、遅い昼飯を食べてから東京駅に行って丸善へ。そこからのスゴ本オフについては
松丸本舗でスゴ本オフに行ってきた に書いておいたのでそちらを参照。

9月19日 ハサウェイさんとDDR。EXTRA STAGEでパラレボ踊出してラストで落ちたことくらいしか覚えてないや。
たまに点数が勝っていることに気づいた俺が「スコア勝負しませんか」って持ちかけたけど、15以下自選4曲ずつの8曲勝負で1曲(DoLL激)しか勝てなかったわ。勝負弱いのか実力不足か……。

9月24~28日 採点バイト。金がなかったので稼ぐために。「高学歴ワーキングプアになったらこんな感じなのかなー」とか思いながらやってた。

9月28日 バイトを終えてから新宿タイトーステーションへ。V激を大真面目にやってB判定フルコンという謎の結果を残す。やはり、普段旧筺体でやってる人が新筺体でやるとスコアが出ないのだろうか。
で大宮でもういっちょ音ゲーしようとしたらコナミのサーバーが落ちるという大惨事が起きてた。DDR・サンボル・ギタドラX・ポップン・リフレクのE-amusementが使えなくなった。(ユビート、デラ、ダンエボ以外全滅だった)

9月は研究集会の準備もあり、帰ってきてからは既存解法を実装したりテスト問題を生成したりと、わりと熱心に勉強してた月だと思う。

・アクセス解析


9月の検索キーワードを見ながら俺がツッコミを入れるコーナーです。


「計数工学 卒論 着手条件」
随分ニッチな検索ワードが来たな!
もう忘れたよ。教務室にでも行って聞いてきなよ。

「ヤフブロはダメになった」
yahooブログはもとからダメです。あのブログが良かったことなど一度もありません。
あ、yahooブログについての記事、修正してねぇよ……
あとDDRノーツ数の記事も修正してねぇよ……

「ポップン 衰退」
最近は以前に比べて人が少なくなったように感じる。衰退してるんじゃないかと思うのだけど、どうだろう。

「東大数理情報学専攻 過去問題解答」
俺のような奇特な人間が書かない限り、公開されません。

・音ゲー


激レベル10の曲をAAで埋めようとしたものの、残り2曲が何度やっても出来ずにモチベーションが下がっていく様子が分かります。
DIVAは9月30日にはシンフォをクリアして、レベル8のクリア力がついてきたようだ。

それでは。
  1. 2013/02/12(火) 00:23:23|
  2. 月ごとのまとめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012年8月まとめ
2013/02/03(日) 01:08:06

2012年が終わって2013年が始まりました。

色々なところで、2012年のまとめ記事を見かけます。ということで俺もまとめ記事を書こうと思います。
……2012年8月の。


2012年8月まとめ。

・書いた記事一覧とコメント


俺は音ゲーのライトプレイヤー
昔も今もライトプレイヤーです!

クリエイティブの可能性と想像力の限界
8月上旬に東北に行って、下旬にこの記事。いやー、難産だった。

・8月は何してたっけ?



7月30日 飼い犬とお別れ。R.I.P.
13年と半年生きたことになる。
なぜ前回の7月まとめの時に書き忘れたのだろう。
8月5日に火葬された。

8月2~5日 クリエイティブの可能性 夏合宿再び。上記参照。

8月7日 研究室の呑み会。
飲み放題コースだったのを途中から無視して日本酒を頼みまくる異例の展開。
十四代の美味しさに気づいた。

8月12日 コミケ82の三日目に参戦。ぬるいオタクなので適当にのんびり出かけたら、1時半ごろ到着になって
目当てのものが殆ど売り切れていて後悔した。(もちろん人気サークルではない。壁とかでない普通のサークルなので大丈夫だろうと高をくくったのだが……)本気のオタクは始発とかで行くそうです。俺はそんな早起きは無理です。

8月19日 友人2人とゲーセンに行ってから呑み会。一人は中学・高校の数学研究部の時の友人。一人は中学・高校の塾の時の友人。なのに今では二人とも廃人音ゲーマー。おかしい、どうしてこうなった。

8月26日 試験監督バイト ただ立っているだけというのも辛い。何をしても良いなら読書してたけど、「読書する・ケータイいじる・飲食など全て禁止」と言われたもので。

多分研究はそんなにしてなかった一ヶ月だったと思う。

・アクセス解析


8月の検索キーワードを見ながら俺がツッコミを入れるコーナーです。

最多キーワードは「daily deeds android」。行き先はこの記事ですね。
行動記録・習慣化アプリがAndroidで圧倒的に少ないのが不可解な件 子供の落書き帳 Remix
何の気なしに書いた記事だけど、検索でヒットすることがかなり多い。

「サヨナラへヴン 詐称」
いや、弐寺でもポップンでも、それはないと思うなぁ。
この間サヨナラヘヴン穴をH乱つけてやったら非常に楽しかった。

「すかいどらいぶ ページでエラー」
英語かカタカナで書いてくれよ……
「とぅぎゃったー 自分のツイート」
英語かカタカナで書い(ry

今回は面白い検索ワードがそれほどありませんでした。残念。

・音ゲー



2012年7月ではポップンが多めだった。
8月も序盤こそやっていたものの、9日を最後にポップンの頻度が落ちる。

その後はDIVAが多い。
from Y to Yとハジメテノオトを落としながら(今でも低速曲は苦手だ)
レベル7に取り組み、順調にクレア埋めをしている。

また、DDRのレベル10をAAで埋めようとするのも続行して取り組んでいた。
一方で発狂曲も頑張っていた模様。



それでは。
  1. 2013/02/03(日) 01:08:06|
  2. 月ごとのまとめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad