子供の落書き帳 Remix

15/4/13:ひと月に一度更新するブログになってしまっている

スポンサーサイト
--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

DDRレベル15、初フルコン
2013/03/31(日) 23:38:58

しまった!
社会人になるにあたって色々書こうかと思ったのに忘れた!

じゃあ3月28日のリザルトを貼るか。

Xepher鬼フルコン


Xepher鬼フルコン。

以前1切りまではできていた。ずっとまえから目標にしてきた、レベル15のフルコンがやっとできて嬉しい。
変に気負わず力まずにプレイできたのが良かったのかもしれん。

ちなみに白筺体でやったので、遅判定は曲に由来するものです。
途中で「Great出まくってる……」と気づいたものの、修正しきれなかった。

それでは。
スポンサーサイト

テーマ:音ゲー全般 - ジャンル:ゲーム

  1. 2013/03/31(日) 23:38:58|
  2. DDR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オリエンテーリング大会運営者とAKB48と剛力彩芽の名前を覚える話
2013/03/24(日) 01:44:30

オリエンテーリングのインカレ運営について、本題と全く関係ない、くだらない話をしようと思う。

人の顔と名前がなかなか覚えられなくて困る俺であるが、オリエンテーリングの大会運営で運営者をそこそこは覚えられた。7~8割くらいだろうか。しかし、AKB48とかいうグループのメンバーの顔と名前が相変わらず全くもって覚えられない。篠田麻里子・大島優子あたりでももう無理である(この名前自体Wikipediaを見ながら打ち込んでいる)。「俺に興味がなく覚える気がないから」といえばそれまでだが、何か他に理由は無いのだろうか。……と考えた結果、俺が名前を覚える上で、オリエンテーリング大会運営メンバーとAKB48メンバーには3つの大きな相違点があると考えられる。

1:TVのCMで一度に十数秒間しか出てこないAKBと違い、インカレ運営者とは4日間(一週間前準備の土日と本番の土日)以上はまるまる一緒にいたので、単純な接触時間が大きく違うから
2:AKBのメンバーはインカレ運営者と違って、首から名札を下げていないから
3:AKBのメンバーの顔が似すぎているから

どれが最大の理由だろうかと思ったが、多分3つとも同じくらいデカい理由だぞ。

1と2はそのままなので良い。3は……何なのだろう、あれは。マジで区別がつかない。その辺の女の子数人の集団に比べてAKBのメンバー数人は異常に似ている。方向性の似ている顔の人ばかりを集めた、顔の母集団の中から偏った抽出を行なったことになる。それで可愛い子ばかりを選べているなら納得も行くのだが、どうもネットとか見てる限りそうでも無いですよね。うむ。

以下の記事の筆者は、「あの年頃の女の子がああいう感じで群れてるのを、私のような年齢の人間に見分けろというのがそもそも無茶な話です。……羊が48匹いるのが互いに区別できないのと同じですよ」と言っている。
「AKBの推しメンは誰ですか?」と訊かれて、私は…… - WEBRONZA+文化・エンタメ - WEBマガジン - 朝日新聞社(Astand)
俺も「あ、その気持ち分かるわ」と思ってしまう。Wikipedia情報ではこの筆者は執筆当時55歳である。それより大幅に若い俺なら見分けられるはずなのだろうか……しっかし、羊は言い過ぎにしても、近所の犬のほうがAKBよりよっぽど見分けがつくよ。

そう考えると剛力彩芽は凄いと思う。ここ1年で不可解なほど多く出演しているので上記の条件1はクリア。そして剛力彩芽と見紛うような人もいないので条件3もクリア。「やべぇ!剛力彩芽かと思ったら綾瀬はるかだった!危うく見間違えるところだったぜ、やべぇ!」って経験した人いないでしょ。なおGoogleの検索窓に「剛力彩芽 似てる」と入力したらバキに似てるとか星飛雄馬に似てるとか酷いサジェストが出現した。
……話が逸れたが、上記のうち2つの条件をクリアすることで格段に覚えやすくなった。結果として、タレントや女優の顔が殆ど覚えられない俺でさえ、今では剛力彩芽と非・剛力彩芽とを判別することが可能である。俺にしては奇跡的である。しかもAKBに興味が無いのと同様に、剛力にも興味が無かったのに覚えてしまった。すげぇ。すげぇよ剛力。

特にオチはないが、4月から私も社会人である。会社の同期とか先輩の顔を覚えられるか心配である。確か48人よりも多かったし。よし、条件をもう一度使って判定してみよう。同期は研修中は一緒にいることが多いだろうから1はクリア。んで顔もあんなに似てないだろう(うちの会社が特定の顔の人だけを採用しているとかなら別だが、内定式で見る限りはそんなことは無かった)。条件3もクリア。あとは同期の人達が名札を首から下げていることを祈るのみである。……でも大抵の会社って、首から社員証のカードをぶら下げてるんじゃないっけ?なら2もクリアだ。よって同期の顔と名前は覚えられると予想が立った。めでたしめでたし。

何を言っているのか自分でも分からなくなったので、このへんで。

テーマ:今日の出来事。 - ジャンル:日記

  1. 2013/03/24(日) 01:44:30|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2012年10月まとめ
2013/03/21(木) 16:40:23

・書いた記事一覧とコメント



面白くて鳥肌が立った本 マルコム・グラッドウェル「天才! 成功する人々の法則」
ダニエル・ピンク「モチベーション3.0」の中に出てきたので続けてこの本を読んだ。「物事が上達するにはどうすれば良いのか?」という話は集中的に追いかけて行きたい。この話題の本が2冊図書館から借りられたので、今も呼んでいる。ジョフ・コルヴァン 「究極の鍛錬」、デイヴィッド・シェンク「天才を考察する: 「生まれか育ちか」論の嘘と本当」である。マルコム・グラッドウェルの「天才! 成功する人々の法則」と重なる部分も多く、併せて読むにはピッタリである。

ブログ書いてはいるけど更新してないや、という話

松丸本舗でスゴ本オフに行ってきた
9月15日のオフ会でしたが書き上がりは10月末。そして当時買った本をまだ読んでいないという……うーむ。

西浦和、KAC課題曲、飲み物
西浦和のDDRは非常に環境がいいのだけど、定期券範囲外で時間と金が余計にかかるのが悩み。

閉店直前期の松丸本舗の書棚に残された謎の書き込み
……松丸本舗の店員も粋なはからいをするなぁ、としみじみ感じた。あくまで予想ですが。


・10月は何してたっけ?



10月初旬は相変わらずFORTRANと格闘して図を打ち出してた。

10月8日 サイハテEXTをクリア。レベル9初クリア。



10月13日 BM4thで昼飯。……と言っても集まったのは4人ですが。

10月14日 金の聖夜霜雪に朽ちてEXTをクリア。レベル9の2曲目。

10月17日 どうしてこうなったEXTクリア。レベル9の3曲目。

10月20日 津田大介メルマガ購読開始。今まで「読もうかな読もうかな」と言い続けていたものの何だか面倒で放置しておいたのだが、エイヤとやる気を出して登録。質も良いけど量が凄い。630円/月でこれだけの分量を読めるってのは、凄いと思う。現在は読めずに溜めこんでしまっている……

10月23・24日 全日本トレイル・オリエンテーリング大会(長崎)申し込み。……しかしこの大会は3日間で、真ん中の日にリレーがあるわけですね。リレーと言えばインカレミドルリレーぐらいしか参加してない俺は、「インカレリレーと同様、独りぼっちだったらスプリントがあるだろ」と思っていたらそんな救済措置もないわけですね。というわけで何としても3人チームを組まねばならぬ。ほうぼう探して凸凹チームを結成した(このメンバー構成を話すと皆一様に「なんだそのチーム!?」「どうしてそうなったwwww」という飯能であった)。……あと競技者登録もしていなかったので期限ギリギリに済ませる(これによりトレイル協会の人をヒヤヒヤさせたらしい)。あ、4月からのぶんを更新してないや。

10月22日頃?それより数日前? 研究方針の転換を言い渡される。これまでやっていたネタは最悪の場合「色々実験をやってみましたが、結局良く分かりませんでした」という結論になるおそれがあった。で、確実に修士論文が書けそうなところにシフトするか、と。当時のつぶやき。



以前の研究内容にはそれなりに愛着もあったから、変えた当初は不満が無かったと言えば嘘になる。しかし現在は「まぁ、これでよかったんじゃね?」と思っている。研究を続けて行った結果、成果も出せたし。それに人間は自分の選択が正しかったと思えるように正当化を図る生き物だからな!!(認知的不協和の解消)
認知的不協和 - マーケティングWiki ~マーケティング用語集~


・アクセス解析


10月の検索キーワードを見ながら俺がツッコミを入れるコーナーです。

「ddr 上達 aa埋め」
俺は今レベル12の激譜面をAA埋めしているところ。効果があるかどうかはもっと上手い人に聞いて下さい。

「ddr 天下一武踏会」
惜しい、ちょっと違う。

「ヨハネスブルグ ガイドライン 音ゲー」
これ色々あるからまとめたいwwwwでもやってない。
つい最近見たのは↓の。reflec beatの曲「STRONG」についてのヨハネスブルグのコピペ改変。

814 : 爆音で名前が聞こえません[sage] : 投稿日:2013/03/14 22:50:23 ID:idQONhzq0 [3/3回(PC)]
※版権だから大丈夫だと思っていたら謎リズムのラインとTOPに翻弄されていた。
※プレイから1分した後で、プレイヤーが脳味噌から魂が抜けて倒れていた。
※手元がぐにゃりとしたので、手元を見てみると、指の関節がくの字に曲がっていた。
※序盤から謎リズムが襲いかかり、その後も稼ぎ所が殆どない。
※開始から10秒で、10+強張りのTOP押しをやらされた。
※黄なら大丈夫だろうと思ったら、黄でもやはり謎リズムだった。
※プレイヤーがパステルくんさんレベル20に襲撃され、目が覚めたらグレードがオレンジになっていた。
※FAILEDの2/3がFINAL選択。しかも10挑戦で色気づいてフィルを目指す「中途半端な実力者ほど危ない」。
※「そんな危険なわけない」と初挑戦した赤12が2分後、ARぎりぎりで真っ青になって戻ってきた
※曲さえ聴かなければ大丈夫だと、適当に押したプレイヤーが、AR60%で発狂して帰ってきた
※最近流行ってる攻略法は目押し。リズムなんてあってないようなものだから。
※STRONGでフェーイする確率は150%、一度クリアして、またフェーイする確率が50%の意味
※STRONGにおけるAR不足による死亡者は1日平均150人、うち約20人が青後半。

出典:REFLEC BEAT 初心者スレ 6th BATTLE | ログ速<




・音ゲーのクレ数


DDR 17クレ(プレイ日数:7日)
DIVA 38クレ (プレイ日数:15日)
IIDX 2クレ(プレイ日数:1日)
ポップン 1クレ
総計 58クレ

10月1日から11月4日でKAC予選だった。
その期間なのでDDRが多いかと思ったが、そんなことは全く無かった。
実に、DIVAをDDRの倍以上やっていたらしい。

DIVAについて。
上にも書いたけど、レベル9クリアはサイハテ(プレイ2度目)、金の聖夜(プレイ3度目)、どうしてこうなった(初見)の順にクリア。
サイハテは一般的には9中という評価なのだろうけど、「単純リズム」と「同時押し」が大得意な俺なら綺麗にハマって行けると踏んだ。SYMPHONIC DIVE が8強には思えず8中と感じる人(俺みたいな人)なら9の中でも早めに埋まると思う。
それと並行して「いっちょレベル7に全部クリアマークつけるかー」とクリア埋めしていった。10月21日段階で「ほしをつくるひと」「ピンクムーン」の2曲を残すのみとなった。

DDRはKAC予選でスコア詰め。
しかし、何故だか分からないがやる気が出なかった。


前半3曲(PARANOiA MAX ~DIRTY MIX~、Programmed Universe、REVOLUTIONARY ADDICT)をある程度やった所で終了。


それでは。
  1. 2013/03/21(木) 16:40:23|
  2. 月ごとのまとめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒトカラ記録
2013/03/18(月) 00:42:21

3月15日学会のあと、駒込にて。1時間。

誕生(中島みゆき) 途中まで
空と君のあいだに(中島みゆき)
トーキョー迷子(中島みゆき)
赤い鈴(あさき)
ドラマチック(YUKI) -7
ビスケット(YUKI) -5
Aokage(ポルノグラフィティ)
Another Chance(宇多田ヒカル) -5
空港日誌(中島みゆき)
ホームにて(中島みゆき) 時間の都合で一番まで

中島みゆきは「夢だったんだね」が入ってなくてションボリした。
あと「誕生」はやけにテンポが遅い(俺が普段聴いているのと違うアレンジ?)上にテンポ調整ができなかったので途中で切った。
でもそれ以上にボカロ曲が全然なくて不満だった。
もっと新しい機種のカラオケマシンを使わないとダメっぽい。

前回行ったのが昔過ぎていつだったか忘れた。多分1年以上は前だと思う。
もう少し頻度増やしてもいいかな……いい店ないかなー。
  1. 2013/03/18(月) 00:42:21|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

音ゲーのガチ勢とエンジョイ勢を隔てるもの、そして俺の葛藤
2013/03/07(木) 01:33:05

ソーシャルゲームよりゲーセンのほうが「高コスト」問題 - シロクマの屑籠
上記の記事を読んで思ったことなど。直接の関係はあまりないかもしれない。

さんざん書いてきたことだが、俺はアーケードゲーム(ゲームセンターでプレイするゲーム)の中でも音ゲーをよくプレイしている。音ゲーでは「ガチ勢」「エンジョイ勢」という言葉が最近使われるようになった。誰からともなく言い始めたため、明確な定義は存在しない。下のいくつかの記事を読むに、簡単にいえば「本気で上達目指してやっている人がガチ勢」「上達を特に狙わず、楽しくやる人がエンジョイ勢」と言ったところか。ちなみに音ゲーに限らず、格ゲーなど色々なジャンルのゲームに対して使われる。

エンジョイ勢とガチ勢・・・|FM ティンクの舞台裏
ガチ勢|若者言葉辞典~あなたはわかりますか?~
エンジョイ勢とは何か?

Googleトレンド検索で調べてみたら、「ガチ勢」は2011年の初め頃から使われだした言葉であるようだ。Google トレンド - ウェブ検索の人気度: ガチ勢「エンジョイ勢」もやってみたけど何故か結果がうまく出なかった。



さて、ここで急にオリエンテーリングの話に変わる。私は大学でオリエンテーリングのサークルに所属していた。「運動会××部」と違ってサークルであるため、猛烈に練習するわけではない人もいる。俺のいるサークルでは「競技派」「非競技派」という言葉でこの区別を表わしている。あまり適切な言葉とも思えないので、喋っていてこの言葉を持ち出す人はだいたい「この言い方は好きじゃないんだけど……」と前置きをして使うのが興味深い。競技派の人は、毎日のように何キロか走り込みをこなし、練習や合宿の参加率も高い。サークル外部の大会にも積極的に参加する。遠方の地方、時には海外にまでいってオリエンテーリングの大会に出る。一方で非競技派の人は、大きな大会でもないとなかなか大会に参加しない。走り込みなどの自主トレは滅多にしない。当然ながら、大会などで良い成績を残すのは競技派の人々である。ちなみに俺は明らかに非競技派である。

オリエンテーリングと音ゲーは全く別物であるが、「競技派/非競技派」という区別と「ガチ勢/エンジョイ勢」という区別がかなり重なっているのが面白い。

競技派/非競技派の競技に対する意識はかなり異なっている。そのため、一つのサークルの中でどうやって上手く両者のグループの価値観をすり合わせるかということは、サークル内で度々悩みの種であった。これは、エンジョイ勢とガチ勢の間の争いに綺麗に符合する。

さて、競技派が真剣に勝ちを目指して努力しているのは間違いない事実である。それならば非競技派は真剣ではないのだろうか。不真面目なのだろうか。怠惰なのだろうか。……そんなことは無い。あまり大会や競技に出て来ない人でも、実際に出場する際はその人なりに精一杯頑張るはずだ。それを「真剣/真剣でない」の軸の上に乗せようとするとおかしなことになる。

こうして考えると、競技派と非競技派を分ける最大の特徴は「費やした時間」である気がしてならない。たくさんの時間をオリエンテーリングの競技や練習に費やす人が「競技派」。そうでない人が「非競技派」。

先ほどの『エンジョイ勢とは何か?』のリンクより引用。

●ガチ勢●(中略)
キャラ対策、反確の知識、フレーム記憶など『勉強』をしている。(エンジョイ勢もしてる人もいるだろうが勉強の『量』が違う)

上記は格ゲーの話。オリエンテーリングに合わせて改変するなら、こうかな?
●競技派●(中略)
地図読み、走り込み、コンパス振りなど『練習』をしている。(非競技派でもしてる人もいるだろうが練習の『量』が違う)

最後に音ゲーに合わせるなら……こうかな?
●ガチ勢●(中略)
譜面研究、ハンドクラップ動画聴きこみなど『勉強』をしている。(エンジョイ勢もしてる人もいるだろうが勉強の『量』が違う)



さて、そろそろ音ゲーに話を戻す。マルコム・グラッドウェルの「10000時間の法則」の通り、「卓越して上手い人達は、多くの時間を割いている」という至極当たり前のことが言える。同じ練習量を積んだオリエンテーリング選手どうしがどっちが勝つかは、色々な要素が絡むため予想が難しい。しかし「非競技派」に留まる選手が上に行きたければ、話は簡単だ。今までより多くの時間を練習や競技に費やし、競技派に転向すればよいのだ。
二人のプレーヤーの音ゲーの実力が最初は同じであり、1年にどちらも2000クレの音ゲーをした場合、どちらが上達するかは分からない。しかし一人が1年に200クレで、もう一人が2000クレだった場合、1年後にどちらが上手いかは火を見るより明らかだ(200クレの方が家庭用ゲーム機で練習しまくっていた、などの事態は考えないものとする)。

そして俺は200クレの立場の人間だ。このままでは、他の人が次々と俺より上手くなっていくのを座して眺めているより他にない。
最近は何だか、「結局、自分の時間と金とをコナミにたくさん捧げた人が上手くなるんでしょ?」という……何だろう、諦めにも似た気持ちが湧いてきている。

冒頭の記事に戻ると、ゲーセンというものは非常にコストがかかる。実際に行かなけりゃならんし、そこで時間を費やして初めて上達する。さらに言えばDDRは、ゲーセンにある音ゲーの中でも断トツにコストがかかる(主に発汗のせいだ)。それでもDDRをやり続けられるほどDDRが好きな人もいるが、少なくとも俺は、コストの相対的に低いほかの音ゲーに流れようとする欲求と絶えず戦わねばならない。

好きか嫌いかで言えば、俺は音ゲーが好きだ。だからバッサリ辞めるということはしないだろう。しかし……
・他人との比較をやめて上達を諦め、自分で好きなように楽しむ(エンジョイ勢に?)
・現在より格段に多くの時間を音ゲーにつぎ込み、本格的に上達を目指す(ガチ勢に?)
現在のどっちつかずで中途半端な立場は、別に悶絶する程ではないが、なんだか居心地が悪い。スッキリしない。さて、どうしたものかね。



おまけ。「オリエンテーリング 非競技派」でググったら出てきたw小山温史さんのファンクラブなんてあったのか。
2005年東工大OLT 友情が生んだ奇跡

テーマ:音ゲー全般 - ジャンル:ゲーム

  1. 2013/03/07(木) 01:33:05|
  2. DDR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。