子供の落書き帳 Remix

15/4/13:ひと月に一度更新するブログになってしまっている

スポンサーサイト
--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

英語の語彙力測定には『Test Your Vocabulary』が信頼できてオススメ
2014/11/25(火) 01:11:28

英語の勉強を細々と続けている。
7月に英単語の語彙の測定 子供の落書き帳 Remixという記事を書いた。どれくらい多くの英単語を知っているかを測るために、色々とネット上の試験を受けてみた、という話だ。
語彙の測定についてはその後も気になって色々調べていた。中でもこのサイトがなかなか信頼できそうだった。
Test Your Vocabulary

やり方は簡単。意味を覚えている単語にチェックを付けるだけである。
20140810_screencapture-testyourvocab-com-step_two.png




8月10日に受けたら7850wordsだった。

8月23日にもう一度受けたら、8290wordsだった。
この間の13日で440個の単語を覚えたというわけではない。対象となる単語群は毎回少しずつ違うので、結果の数値には誤差がある。2014年8月時点での俺の語彙は約8000単語だった、というのが正しい結論だろう。(8月の話をなぜ11月に書いているかというと、この頃ずっとブログを書く気が起きなかったからですね、はい。)

このサイトが結果のwordsをどのような基準で数えているかも明解である。
英単語の中には、"possible, possibility, possibly,impossible, ..."のような派生語のグループがある。このような単語を一つ一つ数えているか、全部まとめて一つと数えているか、で合計数は大きく違ってくる。したがって、単語数の基準がハッキリしているのは好印象である。
結論を簡単に言うと、「著名な辞書を引いて、見出しに載っている単語の数」を数えている。例えば"quickly"は"quick"の派生語として記載されており、単独で見出し語になっていない。したがって"quickly"は単語数に含めないらしい。詳しくはTest Your Vocabulary - The Nitty-Gritty Detailsに記載されている。

チェックを付ける対象となる単語は、全ての英単語からランダムに選ばれるわけではない。容易に類推できる単語("possible"の意味がわかれば"impossible"の意味はすぐに見当がつくだろう)、他の単語と間違いやすい単語などは抜かしてある。その結果、結構限られた一部の単語だけがこのテストには登場する。
だから、テストに出てくる単語だけを片っ端から調べてしまえば、結果の成績は急上昇するだろう。しかしもちろん、それで実際の語彙力が身につくわけではない。

FAQのページでは、
『語彙の成長をたどるためにこの試験を使いたいならば、1年に最高でも1回だけ受験することを推奨します。また、試験で見た単語について辞書で調べたり、人に尋ねたりしないように非常に注意深くしている場合に限ります。』と書いてある。
原文は以下の通り(俺が日本語訳した)。

So if you'd like to use this test to track your vocabulary growth, we recommend only taking it once per year at the most, and only if you're very careful never to look up or ask about words you saw on the test.



俺もう短期間に2回受けちゃったんですけど。
この単語テストのことはしばらく忘れて、単語を覚えることに専念しよう。それで1年後にまたテストしよう。

その時(つまり2015年の8月)は語彙いくつになっていたいだろうか。キリ良く10000くらいかな。しかし、1年で8000から10000まで単語数を増やすためには2000単語を覚えなければならない。1日当たり5.5単語という計算である。
うーん、夏ごろの俺は結構頑張って単語を覚えていたけど、最近は全然やっていないから10000まで行くかかなり怪しいぞ。

それでは。
スポンサーサイト
  1. 2014/11/25(火) 01:11:28|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。