子供の落書き帳 Remix

15/4/13:ひと月に一度更新するブログになってしまっている

スポンサーサイト
--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2015年の勉強目標
2015/01/22(木) 00:49:08

音声信号処理に関して検索をしていると、人工知能に関する断創録というブログによく出くわす。このブログでは毎年、研究の目標を立てている。例えば今年の記事は2015年目標 - 人工知能に関する断創録というエントリーである。
この人、機械学習や信号処理に限らず、広範な分野を勉強しているようで、凄いなと思う。大学とかの研究者だろうか。でも、その割には論文を書いたり学会で発表したりという話が出てこない。不思議だ。

閑話休題。顰に倣って、俺もここで今年の勉強の目標を立ててみようと思う。


1:音声信号処理


自分が現在取り組んでいる応用分野なので、一番勉強する必要がある。
ケプストラム分析から始めて、LSP(Line Spectral Pairs:線スペクトル対), PARCOR(PARrtial Auto-CORrelation:部分自己相関), MMFC(Mel Frequency Cepstral Coefficient:メル周波数ケプストラム係数)あたりを押さえたい。……と書いたものの、どうやって勉強すればよいかちょっと困っている。どの本を読めばそういうことが書いてあるのか分からない。ディジタル信号処理の本はそこそこあるが、音声信号処理の分野にまで踏み込んだ本はほとんど無いからである。
他の信号処理技術では、フーリエ変換を直感的に身体で理解できるようにしたい。式をこねくり回さなくても「そういうこと言ってるのね」と分かるようにしたい。
フィルタ設計は……今は要らないかなぁw


しかしながら、インプット形式の勉強ばかりしていても、やる気が出るか、身につくか、という懸念がある。「遅延評価勉強法」の要領で、なんか作るのを目標にしようかな。
勉強が苦手な人向けの「遅延評価勉強法」 : けんすう日記
最初に述べた「人工知能に関する断創録」の人も、2012年のまとめ - 人工知能に関する断創録では
「類似楽曲検索の実験というかなり明白な目標を立てて進めてました。」
と書いている。はっきりした目標があれば、個々の技術もモチベーションを持って勉強できるだろうな。

しかし、上に挙げたような音声信号処理の技術を使って作れるものって何だろう?
うーん。もうちょっと目標の明確化が必要みたい。


2:ネットワーク、セキュリティ


IT系の基本技術として理解しておきたい。仕事とも少しだけ関係がある。
サークルの同期の一人(生まれ年や学年でいうと俺より一つ上)が、もうセキュリティスペシャリストとネットワークスペシャリストを取っている。よく勉強頑張るなと、いつも感心している。
俺も1年後この2つを取得しているだろうか。多分無理だろうなぁ、と思う。
少なくともどちらか一方を取得する、というのが現実的な目標かな。「どちらか一方って、どっちに合格したいのかはっきりしろよ、両方中途半端にやって両方落ちるのが関の山だぞ」という気もするけど。

さっきのフーリエ変換もそうだが、ネットワークも直感的に理解したい。「腑に落ちる」ところまで行きたい。
直感的理解といえば、「Head First ネットワーク」も試験の少し前に買ったのだが、ほとんど読まずに投げ出している。通して読みたい。


むむ、「何を勉強するか」を考えるよりも「どうやったら継続的に勉強し続けられるか」を考えた方が、自分のためになる気がしてきた。
……あ、ネットワークスペシャリストの不合格体験記を書いていなかったことを今さら思い出した。


3:未定


こういう目標は3つ書くとまとまりが良いと思うので、3つ目を考えてみたものの、思いつかなかった。


おまけ:英語



英語は伸ばしたい分野がはっきりと決まっている。語彙の強化と、瞬間英作文だ。

語彙:単語帳頑張る。現在持っている単語帳が何冊かあるので、それを習得する。
昨年夏に知っていた単語のは、だいたい8000個だった。これだと英語の本格的な文章を読むときに結構辛い。
英語の語彙力測定には『Test Your Vocabulary』が信頼できてオススメ 子供の落書き帳 Remix

スピーキング/ライティング:高校入試の参考書を買ってきて瞬間英作文の第2ステージを練習する(詳しくはこちら)
リーディングについては、適当に興味あるのを読んでいけば良い。分からない単語や熟語を拾うのは最低限にする。文章の中から単語を拾って単語帳に入れるのはものすごく効率が悪いからだ。語彙の強化はちゃんと単語帳を買ってきてやるべきだと思う。(よく気になって、長文の中からわからない単語や表現をモリモリ拾ってしまう。そのため、自戒のために書いておくことにする。)

これだけ明確に目標が書けるのに、なぜ3つめの勉強分野に挙げなかったのか。それは、英語を勉強するメリットが大きいと思わないからだ。語彙が増えれば、英字新聞や洋書のような本格的な英語が読みやすくなる。しかし、それらを読みたいという願望はそこまで強くない。海外旅行に行くなら英語は話せたほうが良いだろうが、渡航予定は今のところ無い。結局、英語を学ぶ切迫した必要性がないから、英語を学ぶモチベーションはそれほど高くないのだ。


あと勉強したい分野は何だろう。経済学とか金融とか、もうちょっと即物的にいえば資産運用とか? あと会計学とか。
ビジネス寄りなら問題解決だろうか。また、「エッセンシャル思考」「イシューからはじめよ」のような、「そもそも取り組む問題を絞り込め」と主張する本も気になる。
読みやすくて人を惹きつける文章を書くやり方も知りたいな。ブログを上手く書けるようになるために。

まとまりが皆無だがこの辺で。
それでは。
スポンサーサイト
  1. 2015/01/22(木) 00:49:08|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。