子供の落書き帳 Remix

15/4/13:ひと月に一度更新するブログになってしまっている

スポンサーサイト
--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

読んだ本・その2
2007/12/06(木) 00:44:13

・一言メッセージを変更しました。

いや、今読んでる本なんだけど。

大野晋「日本語はいかにして成立したか」 中公文庫
つーか「すすむ」って読むんだこの名前。今の今まで知らなかったぞ。
日本語の起源・歴史について、言語学だけではなく考古学や民族学からの考察も含め、詳しく書いた本。
ゆっくりじっくり読んでます。

さて、これで読書記録はひとまず終了。
大学の人たちと本について話してると、皆いろいろな本を読んでるんだなぁって驚かされる。
こないだ話した友達は「カラマーゾフの兄弟はおもしろいよー」とか言ってたな。
俺はまだあの大作に挑戦する気にはなれない。
金原ひとみがこの本を読んだ時の記事を思い出して言ってみたら、向こうもこの記事を読んでたことが判明。
ビックリ。二人で盛り上がった。

何か今日も別の友達と本の話。誰かが持ってきたアガサ・クリスティの小説がきっかけだった。
ちなみに俺は推理小説はあんまり好きじゃないんで、クリスティも(おそらく)1冊も読んだことないはず。

立花隆あたりの本に、「大学という環境にいることの最大の意義は、同年代の友人からさまざまな刺激を受けて触発されることだ」と書いてあった。
確かにこれは大きいことだと思う。
うちのクラスに何人か、他人と全くといって良いほど喋らない奴がいるが、そーいう奴は
大学の『上澄み』を経験してるだけで、非常にもったいないんじゃないか、と思うようになった。

……何か話が大きくなりすぎたぞ。
うちの大学の書籍部で、「文庫・新書3冊以上まとめ買いで15%引き」の期間限定セールの最中なのを、
今日初めて知った。15%って結構大きいよね。(通常は10%)
いつも「買おうかな~」って言って結局買わない俺。この機会に是非とも買ってこようと思っている。
年末年始の休みは読書にピッタリだしね。

次回の記事はDDRの話かポップンの話か日常の話か……書きたいことがいろいろある。
書き始めると意外に時間食うんだよな……
それでは。
  1. 2007/12/06(木) 00:44:13|
  2. 旧ブログから転載
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://luvtome.blog5.fc2.com/tb.php/243-25554d76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。