子供の落書き帳 Remix

15/4/13:ひと月に一度更新するブログになってしまっている

スポンサーサイト
--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

春合宿2日目(昼)
2010/02/28(日) 01:39:59

2日目。会内杯。

トップから2番目のスタートだと思っていたら、トップスタートだった人が欠場らしい……
俺が1番目かよ!!

同時にスタートする女子であるH名さんに先に行かれたらどうしようか、と割と本気で怯えていたので、
S→1はあまり考えずに直進。……途中で「これ左の道を回った方が良かったじゃん」と気づく。

1ポで2分後にスタートのY城に抜かされる。
2ポで4分後にスタートのH谷に抜かされる。……勘弁してくれ。

3→4の長い登りで早くも体力が切れ始める。
4の脱出でY内と入れ違い。5ポはY内にやや助けられつつ取る。
尾根が曲がってからの距離の感覚が掴めなかった。

5→6であらぬ方向(西北西向き)の沢に入ってしまう。今回ミスらしいミスはそこだけかなぁ……
つまり、あとは巡航速度の問題だということだが。

6→7は道を回ろうかかなり迷った。
結局、「山塊を巻いて走るコースもそれほど走りにくくないだろう」と判断して道は使わないことに。

8→9→10→11はM谷といっしょ。
8ポからの脱出でM谷が8に来て、8→9→10は寧ろ俺が僅かに先行。
短いレッグだったからプランの時間が短くて済んだのが大きい。

10→11はやや長かったので考え始めたらM谷が先に行く。(直前2レッグで俺が体力を使い切ったのもある)
M谷を完全利用。途中で向こうが何度か止まってくれたおかげで見失わずに追えた。
ポストが近づいたと思われた頃に初めて地図を見て、
「これ川のすぐそばじゃん……だったら川まで行っちゃえばいいんじゃないか?」と考え川まで行く。
するとちょうど湖になっているところだった。そこからリロケ・アタック。

12→13は上から見えない沢にまんまと引っかかる。
走りながら「思ったより次の沢まで長いなぁ」と感じたんだから、一回立ち止まればよかったのに……
でもここは皆悉くミスったらしいので、良しとしようww

13でSSと合流。
14は急峻な沢の向こう。
ずっと歩いていって、沢の手前に着いたときに
ポストのオレンジではなく彼のトリムの青を探した。
見つけたので、その上を目で辿っていってポスト発見。あとはひたすらゆっくり行きました。

14→15はαとかいろんな人と合流して、むやみについて行ったら結構流された。

ショートレッグの15→16でトップラップ狙ったんだけど……
何故か発表された結果が、ポストが一つ足りない。おそらく15ポが消失し、
14→15→16が1つのレッグとして扱われてると思われる。
そのせいでこのレッグが何位だったか分からない……残念。

レース後にメニュー、ファシュタ。
ファシュタは、それまでの合宿でやったときは途中でついて行けなくなっていたのだが、今回は
集団の速度に合わせられるようになった。
正確には、1回の走りの間に集団の先頭→やや後方に移動してるから
集団の平均よりは少し遅めなのだが。
この合宿で割と成長を実感できた出来事。
でも走るのが速い人は、先にゴールして俺とかが来るのを待ちながら休めるんだよな……
何かずるいww

で、前々から気になっているんだが……
ファシュタって何の言語で、どういう意味なんだろう??
広辞苑とカタカナ語辞典をめくったけど出て来ない。
検索してみたら、答えは判らなかったけど、こんなの出てきた:
オリエンテーリングのためのトレーニングメニュー
ほぼ完全網羅されてるんじゃなかろうか……合宿最終日のウィンドウOまで書いてある。
つーか「東大一直進」って……何年前の話だ?今は「Rough and Fine」だし。
OLK30周年記念パーティーでそんな話があったような気が。

とりあえずファシュタの元がなんなのか分かったら、誰か俺に教えてくれ。
それでは。
  1. 2010/02/28(日) 01:39:59|
  2. オリエンテーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://luvtome.blog5.fc2.com/tb.php/402-f86fbd05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。