子供の落書き帳 Remix

15/4/13:ひと月に一度更新するブログになってしまっている

スポンサーサイト
--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「お茶の出ないお茶会」メンバーで集まって思ったこと。
2011/08/14(日) 00:39:39

8月10日は、古賀洋吉さんの「お茶の出ないお茶会」のメンバーで飲み会があって行ってきました。
どんな話題だったかは@akihito_sさんの本当に勉強になった!古賀さん(@yokichiさん)キャリア部飲み会まとめ - テクノロジーと広義のデザイン!に書いてあるので、ここでは繰り返さない。
そこで人と喋って感じたことを雑然と書くことにする。

7月10日にあった「お茶の出ないお茶会」そのものについては、
Togetter - 「お茶の出ないお茶会2011 by @yokichiさん」のまとめをどうぞ。




確か2次会で将来どの辺の会社行きたいのと訊かれて、そこからインターンの話になった。
んで、「心から入りたいという会社がもしあるなら、そこに『タダでもいいんで働かせて下さい』と頼み込めば
結構働かせてくれるんじゃないのかな?」と言われた。

それは「この会社にどうしても入りたいという激烈な思いを持つ会社があるのか?」という問題になってくる。
あるなら上記の方法が取れる。
……が、哀しいかな俺はまだそんなにハッキリとした一社が無い。
この辺の質問は突き詰めていくと「お前は将来何がしたいの?」という問題に帰着するような気がして、
その質問に曖昧な笑いを浮かべて「いやーまだよく分かってないんですよねー」と答えてる俺が
マズいのでしょう。
いやほんと将来何したいんだろう俺。

ついでに、Google日本語入力が「なにがしたいの」を「某隊の」と変換してきたがそんな隊はきっと無いだろう。




あと、海外インターンの話がちょっと出て、そこから海外旅行の話へ。
できるだけ海外行っといたほうがいいよ、と言われた。
社会人になったら長い休みを取れることなど滅多になくなるんだから、と。
(現在の俺の場合、7月末にテストが終わって冬学期開始が10月だから、丸々2ヶ月だ)

8月初頭に全く別の場で同様のことを言われたのでちょっとビックリした。

他にも同様の意見は枚挙に暇がない。
パッと思いついたのだと入社して思う大学時代にやっておいて良かったこと Creative Lifeとか。
ただし「海外旅行に1人で行く」と、「1人で」という限定が付いている。


俺はというとかなりの出不精でして、
最後に海外行ったのいつだっけというレベルである。大学入る前だから4年くらい前か?
4年くらいはずっと日本にいるわけか、俺。

サークルの合宿・大会のついでにちょっと足を延ばして国内旅行らしきものをことはあるが、
自分から「ここに行こう」と旅行に行くことは……全く無い。
友達と一緒にいくことが僅かにあるくらいか。

何なんだろう、この旅行嫌いの理由は?
「面倒くさそうだから」という理由で片付けられそうな気はする。
あと「金がない」とかか。
うむ、その辺を乗り越えて一歩踏み出すのが大事な気がするんだけど、まだ躊躇ってるのよねぇ。
海外旅行の話はちょっと頭に留め置いて考えておこう。




この会は、話していて非常に面白かったし楽しかった。

ただ、面白い人と話して「あー面白かったー」って満足するのは危険な気がする。
自分には警句として「すごい人と会って話してる俺、は別にすごくない」を与えといたほうがいいように思う。
出典は18歳から22歳までの4年間で(かろうじて)わたしが学んだこと - インターネットもぐもぐ
別に俺は凄くもないのだから、ねぇ?


おまけ:
普段は社会人の方々と話す機会が殆ど無いものだから、珍しくこういう機会があって
少しばかり名刺が欲しくなりましたとさ。作ろうかしらん。
そして実は最も驚いたのは「遅くまで呑んでて翌日も早起きして仕事に行くとか社会人すげぇ」という点だったりするw。
大学院に入って1時間目の授業が殆どなくなった俺には最早出来ない芸当であった。

それでは。
  1. 2011/08/14(日) 00:39:39|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://luvtome.blog5.fc2.com/tb.php/473-71fe5d38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。