子供の落書き帳 Remix

15/4/13:ひと月に一度更新するブログになってしまっている

松丸本舗でスゴ本オフに行ってきた
2012/10/29(月) 01:26:24

9月15日。もう1ヶ月半も前になる。
ブログ『わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる』のオフ会に行ってきた。
今回は、9月末で閉店した松丸本舗での開催であった。


主催者のDainさんの記事はこちら。
松丸本舗でブックハンティング: わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる


松丸本舗は6月に行って以来2度目なのだが、何度来ても凄い。圧巻だ。


松丸本舗全体図


全体見取り図。本気で見て回ろうものなら1日かかるぞ、これ。
立花隆は「ぼくらの頭脳の鍛え方」の中で、
「読者にお勧めなのは、巨大書店の書棚を隅から隅まで見て回ることです。すべて見るのが大変なら、文庫と新書コーナーだけでもいい。現代社会の知の全体像が大ざっぱでもつかめると思います(243p)」と述べたけど、
書店が大きければ大きいほど巡回時間がかかるのが難点だ。
高い質を担保したまま量を落とすなら、この松丸本舗を端から端まで見るのも良いと思う。
ただし財布の中身の減り具合については保証しない。
(あとは、大学の書籍部なんかもこの目的にはいいのではないか。
メモ:本郷書籍部の在庫は約10万冊)


短篇集あれこれ

・短篇集あれこれ。どれも面白そうだ。

ワークシフトとワインバーグ


「ワーク・シフト」あるじゃんと思ったらすぐそばに「ライト、ついてますか」が。
この2冊が並ぶ棚も珍しいだろう。そしてその右には鷲田清一がある。
Dainさんに「新社会人が読むべき本として、あるブログで挙げられてたのを見た」と言ったら
「私も同感です」と言われた。4月になったら買ってこようかなw
ちなみに「あるブログ」とは、
新社会人が読んどけと思う本のリスト - I 慣性という名の惰性 I
この記事である。


Dainさんは、
「よく人から『本を沢山読んでますね』と言われますが、そんなことはありません。
色々な本を薦めてくれる読者の方々のおかげです」と言っていた。
いやいや、あれだけのブログ記事を書くのなら、さぞかし読書家なのだろうと思うが、
この台詞が嫌味に聞こえないのは凄いなー。

そんなDainさんに辛うじて薦めることができたのはこの1冊。
オリガ・モリソヴナの反語法 (集英社文庫): 米原 万里
この人、随筆も小説も素晴らしい。
色々なテーマで随筆を書くから、人によってビビッとくるポイントが違う。
タグ付けしてみるなら、
「通訳としての面白い体験」「言語・言葉」「猫好き」「読書家」「美食家」あたりか。
ちなみに俺が特に好むのは「言語・言葉」の部分。
しかし癌に罹って闘病の末亡くなってしまった。
夭逝を惜しむ作家は誰かと問われれば、今でも迷わず米原万里と鷺沢萠の二名を挙げる。



それで、買ったのは結局以下の3冊。
……人のオススメに従うこともなく、一人黙々と書棚を見て回ってた。
もうちょっと人の意見も聞いたほうが良かったかな……

買った本3冊

外国人力士はなぜ日本語がうまいのか―あなたに役立つ「ことば習得」のコツ: 宮崎 里司
前述の通り俺は「言語・言葉」に関する本が好きなので、その分野の一冊。
買おうと思ってずっと買っていなかった本だが、今回たまたま見つけたので勢いで購入。
タイトルのとおり、外国人力士の日本語習得に関して力士や関係者に取材してまとめた本。
実はこの本、発行が10年以上前である。
元横綱の朝青龍が取材当時20歳、「平成十三年初場所では(中略)幕内入りを果たし」
と書いてあって、隔世の感がする。
日本語が上手くなかった頃の朝青龍が
「体調が悪くて稽古を休んだ兄弟子に、顔色が悪かったので気遣うつもりで
『関取、顔、悪いっすネ』と言った途端、相手がキレてしまった」なんていうエピソードも載っている。


フェルマーの大定理―整数論の源流 (ちくま学芸文庫): 足立 恒雄
サイモン・シンが書いた「フェルマーの大定理」が隣にあったが、
定理の証明に関する数学的内容があったほうが俺は好きなので、こっちを購入。

ワーキングプア 日本を蝕む病(ポプラ文庫): NHKスペシャル『ワーキングプア』取材班
格差社会とか貧困とかその辺の現場取材、ルポルタージュが読みたかったんです。
最近気になっている分野。そこまで読んでいるわけではないが。


以上、購入した3冊でした。

以前のスゴ本オフ会に参加した方が10000円以上も使っていたが、
第3回本屋オフに行ってきた - As a Futurist...
今回の俺はカネがなくて買おうにも買えませんでした。
ちくしょー、社会人になれば……社会人にさえなっていれば金があるのに……!
しかしもう松丸本舗は閉店してしまったのだ……残念。

「リキッド・モダニティ」見つけて「2000円前後なら奮発して買おうかな」とか考えてましたが、
いや、3800円は流石においそれと買えないわ。見送りました。
パラパラ見てみたけど難しそうだったし……
社会学で現代日本を論じた分かりやすい本ってないですかねぇ。
また山田昌弘でも買ってくるか……?


最後はお酒を呑みつつ参加者どうしで雑談して帰りました。
ハイネケン美味しかったです(゚д゚)ウマー


それでは。

長くなったので、別記事でオマケの話を書きました。合わせてどうぞ!
閉店直前期の松丸本舗の書棚に残された謎の書き込み 子供の落書き帳 Remix

テーマ:気になる本・雑誌 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2012/10/29(月) 01:26:24|
  2. 本・漫画
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

コメント

ライナスさん

Dainです、記事にしてくださりありがとうございます。

読書家云々はマジです、そんなに読んでいません。本よりダンゼン、女性のお尻のほうが好きです(読書は現実逃避の方法)。それに、ネットのおかげで自分が井の中にいることが分かっていますから。ただ、ネットのおかげでアドバイスをもらえているのも事実ですね。

松丸の次は、本郷書籍部でオフ会もいいですね。五月祭でしか訪れたことがないので、案内していただけると嬉しいです。

  1. 2012/10/31(水) 12:38:06 |
  2. URL |
  3. Dain #-
  4. [ 編集 ]

ライナスです。どうもありがとうございます。
記事を完成させ、正式にトラックバックを飛ばしました。いやー、おくれて申し訳ないです。

「お尻が好きなのか、それならこの間見つけた『お尻とその穴の文化史』でも薦めれば良いんじゃね?」と思ってググったらDainさんのレビューが既にありました。いや、おみそれしました。

本郷や駒場の書籍部は良いですよ。量は限られていても質が良いと感じています。専門書が多いのでオフ会はどうなりますかね……ただ、私が社会人になってからにしてくださいねw
  1. 2012/11/11(日) 21:30:44 |
  2. URL |
  3. ライナス #-
  4. [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://luvtome.blog5.fc2.com/tb.php/522-9a8bf413
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2012年10月まとめ

・書いた記事一覧とコメント 面白くて鳥肌が立った本 マルコム・グラッドウェル「天才! 成功する人々の法則」 ダニエル・ピンク「モチベーション3.0」の中に出てきたので続けて
  1. 2013/03/21(木) 16:40:29 |
  2. 子供の落書き帳 Remix

FC2Ad