子供の落書き帳 Remix

15/4/13:ひと月に一度更新するブログになってしまっている

スポンサーサイト
--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

閉店直前期の松丸本舗の書棚に残された謎の書き込み
2012/10/31(水) 23:50:00

松丸本舗でスゴ本オフに行ってきた 子供の落書き帳 Remix のオマケ記事。
本編とともにどうぞ。

ブログ『わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる』のオフ会のため、松丸本舗に行った。
行ったのは9月15日で、9月末に閉店することが決まっていた。店内を巡回したときに見つけたもの。


松丸本舗の書き込み

真ん中のオレンジ色の文字に注目。
「こんな棚、全国どこにもありません。それなのにクロージングするなんて。残念。」と書いてある。
松丸本舗では、書店員がこの位置に手書きで棚の紹介を書いている。
(写真内、下の黒い文字を参照)
この文章も店員が書いたものかと最初は思ったが、それにしてはおかしい。


まず、このオレンジ色で書かれた文は他を探しても見当たらなかった。
また、他の文章の内容は「並んでいる本の紹介」であり、「松丸本舗そのものについて」の文は無かった。
それに書店員は立場上こんな文を書けないだろう。
閉店を惜しむ思いは強いだろうが、それを口には出さずにやるべき作業をこなすのが店員だろう。
そして何より、この文字はかなり特徴のある書き方である。
3ヶ所ある『な』の文字は全て1画で書かれている。2ヶ所ある『に』も同様だ。
これに該当する書き方をしている文字を探してみたが、見当たらなかった。


結論。これは書店員が書いたものとは考えられない。
閉店を惜しむ客の一人が、こっそりと書いたものに違いない。


……さてそうすると、店員はこれを見つけなかったのだろうか、という疑問が次に生まれる。
もちろん見つけたに違いない。
松丸本舗では書店員が巡回して、こまめに客に話しかけたり本の並び替えをしたりしている。
気づかないはずがない。気づいて、消そうと思えば消せたが、あえて残したのだ。


上の一文で検索をかけたら、
Twitter / tw0lipswithfang: こんな棚、全国どこにもありません。それなのにクロージ ...
9月29日のツイートが出てきた。この文を撮った写真付き。この日まで、書き込みが残っていたことになる。


店員は、自分たちが言い出せない残念さを代弁してくれるこの書き込みを見て、
閉店までこっそりそのまま置いといたのだろう。
……松丸本舗の店員も粋なはからいをするなぁ、としみじみ感じた。あくまで予想ですが。


それでは。

テーマ:気になる本・雑誌 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2012/10/31(水) 23:50:00|
  2. 本・漫画
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

コメント


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://luvtome.blog5.fc2.com/tb.php/523-cef2aeba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2012年10月まとめ

・書いた記事一覧とコメント 面白くて鳥肌が立った本 マルコム・グラッドウェル「天才! 成功する人々の法則」 ダニエル・ピンク「モチベーション3.0」の中に出てきたので続けて
  1. 2013/03/21(木) 16:40:33 |
  2. 子供の落書き帳 Remix

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。