子供の落書き帳 Remix

15/4/13:ひと月に一度更新するブログになってしまっている

スポンサーサイト
--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

洋書に書いてある「この本はTOEIC何点レベル」は一切信用するな
2015/05/30(土) 13:38:09

英語学習の話。
「Tuesdays with Morrie」という洋書を、ずいぶん前に買ってからずっと放置していた。最近になって読む気が起きてきたので、行き帰りの電車の中などで少しずつ読んでいる。
あらすじに関してはモリー先生との火曜日 - Wikipediaなどを見てもらいたい。




今回のテーマはこの帯に書かれている但し書きである。「難易度目安・英検2級レベル TOEICテスト スコア470点レベル」と書いてある。

モリー先生との火曜日_帯


断言する。この帯の内容を信じてはいけない。TOEIC470点の人がこの本を読んだらチンプンカンプンにきまっている。

俺が一番最近TOEICを受けたのは約2年前だ。Listening435点、Reading470点で合計905点だった。
単語力の不足を感じたので、1年くらい前から単語を集中的に勉強した。英検1級とSATの単語帳を使って、1500語~2000語くらいを新たに覚えた。計測したわけではないが、Test Your Vocabularyで10000語弱くらいの語彙だろう。
英語の語彙力測定には『Test Your Vocabulary』が信頼できてオススメ 子供の落書き帳 Remix

「Tuesdays with Morrie」を読みながら、これなら何とか辞書を引かずに読み進められるな、と感じている。1ページに1~3個分からない単語が出てくるが、周囲から推測できるか、もしくは大して重要ではない。とはいえ、900点オーバーの俺でも完璧には読めていない状態だ。470点の人が読んだら、まるで意味が分からなくて投げ出してしまうのではなかろうか。

単語のレベルもTOEIC470点では太刀打ちできないだろう。atrophy, profound, soothe, cemeteryなど、俺がここ1年で覚えた単語が次から次へと登場する。
おいおい、この470点って、総合点じゃなくてReadingだけで470点って意味だったのか!?とツッコみたくなる。

帯の裏側には、以下のような断り書きがある。


こちらの書籍は販売元〔東京ブックランド〕が語彙レベル、1センテンスの長さ、総語数、総ページ数等の項目を元にした独自のメソッドによりレベル判定をしたものです。



東京ブックランドには、TOEIC470点の人がこの本の文章をどれくらい理解できるのか教えていただきたいものである。



とはいえ、この会社だけを悪く言いたいわけではない。他の会社のスコア基準だって、似たり寄ったりなのだ。
「Tuesdays with Morrie」は講談社英語文庫からも発売されている。しかし、裏表紙には同様に「TOEIC 470点レベル」と書いてある。勘弁してくれ。
販売元ならまだしも、出版社がこう喧伝しているのはタチが悪い。
「470点レベル」と書かれていることは、Amazonのレビューで確認可能である。

他にも同じような意見がある



検索してみると、同じような意見がいくつか出てくる。「洋書に書いてあるレベル表記は実態とかけ離れている」というものだ。

はっきり言って、この程度のTOEIC のスコアで読めるとは思いません。
「赤毛のアン」にしろ「ティファニーで朝食を」にしろかなり高度です。
TOEIC 700点ある人だって、厳しいはずです。
多分、TOEIC 700点でも辞書なしでは読めないでしょうね。
ましてや、TOEIC 470点なんて…。

読者を馬鹿にしているとすら感じ、不愉快です。

洋書を売る側にだまされる│洋書のハードルを下げる


これは講談社英語文庫についての意見のようだ。

多読が流行っていると聞いて、TOEICと結びつければ
売り上げが上がると見込んだ安易な企画なのでしょうけど、
洋書のレベルの付け方に相当無理があると思いました。
(中略)
無茶苦茶しよるな。

YOHANの「洋書でTOEIC!」フェア - 回覧情報



これはSSS多読の掲示板から。
俺はSSS多読の方針には全面的に賛成するわけではないが、この意見は賛成だ。


洋書レベルの適切な指標



洋書に書いてあるレベル表記が信用できないなら、何を信用すれば良いのだろうか。色々あるとは思うが、現在使えるのは「lexile指数」「YL」の2つではないだろうか。

調べてみると、この本のlexile指数は830Lだった。
https://lexile.com/book/details/9780385484510/
Tuesdays with Morrie: An Old Man, a Young Man, and Life's Greatest Lesson - LexileR Find a Book | The LexileR Framework for Reading

http://www.seg.co.jp/sss/YL/AF.htm
また、YLが5.0-6.0、総語数が35799である。
SSS多読のまとめページ、もしくは英語多読完全ブックガイドで調べることができる。

次に英語の本を読みたくなった時には、今の本のレベルを参考に次の本を決めればよさそうだ。
それでは。
  1. 2015/05/30(土) 13:38:09|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://luvtome.blog5.fc2.com/tb.php/604-8621d2ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。