子供の落書き帳 Remix

15/4/13:ひと月に一度更新するブログになってしまっている

スポンサーサイト
--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小玉正博の研究内容・論文一覧を探すのに手こずった話
2015/06/24(水) 23:54:03

「ヘコんでも折れないレジリエンス思考」の著者である小玉正博氏の研究内容を探すのに苦労した話。

「ヘコんでも折れないレジリエンス思考」という本を図書館で借りてきた。
鮮やかな黄色の、目立つ表紙だ。



クローズアップ現代で「レジリエンス」というものが取り上げられていた。それを見て気になったから、本を以前に予約していた。
“折れない心”の育て方 - NHK クローズアップ現代
番組を見ていて思ったのは、「こういう話は何となくではなく、しっかり定義して議論してほしい」ということだ。こういう単語は便利に使えるから、どんどん拡大解釈されて「何でもアリ」になってしまいがちだ。あれもレジリエンス。これもレジリエンス。定義のないバズワードにならないようにする必要がある。(蛇足:「マインドフルネス」はかなりバズワードになり果てている印象がある。)

そのためでは、学問・科学として考えることが必要だ。学術領域としては心理学になるのだろう。

というわけで、図書館のカウンターで受け取って俺がすぐにしたことは何か。裏表紙の側からページをめくり、参考文献の一覧を探すことだ。学術的研究を踏まえた本なのだから、どれくらい他の研究を参照しているかである程度分かる、というのが俺の考えだ。
……ない。
参考文献のページが、全くない。
こうなると、ちゃんと先行研究を踏まえているか怪しくなってくるので、本の第一印象は悪い。レストランに入って店員が水を持ってきたときにテーブルにこぼすくらい印象が悪い。

気を取り直して著者名で検索。発表論文一覧が出るはずだ。

……あれ?
先ほどのクローズアップ現代のページが出てくる。
その後に活動の紹介|埼玉学園大学のページ。
でも教員のページには飛べない。
『2014年4月17日(木)小玉正博教授がNHK総合テレビに出演しました。』って書いてあるけど、研究が賞をとったとか論文がBest Awardを取ったとか、そっちのほうが重要なのではないだろうか。

Googleにサジェストされるままに「小玉正博 論文」で検索すると……ああ、あった!
教員紹介(専任教員)|埼玉学園大学
教員一覧に「主な著書・論文」の記載がある。

あとはJ-GLOBALなどで検索すれば論文の一覧が見られる。
J-GLOBAL | 「小玉正博」の検索結果【すべて】

J-STAGEというサイトでは、PDFとして公開されている論文一覧が見られる。
J-STAGE 検索結果


というわけで、いい加減ではない研究者なのだろう、と一応は確認できた。各論文を読むのは、俺に心理学の知識がないからさすがに無理だろう。

まぁでも、一般向けの読み物だとしても、研究を下敷きにした本なら参考文献を書くべきでしょう。じゃないと俺なんかは「著者のヨタ話とかエッセイじゃねぇのか、これ?」と疑い始めてしまうのだ。

それでは。

テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2015/06/24(水) 23:54:03|
  2. 本・漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://luvtome.blog5.fc2.com/tb.php/605-a5fd24f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。