子供の落書き帳 Remix

15/4/13:ひと月に一度更新するブログになってしまっている

スポンサーサイト
--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

伊豆高原まで一人旅してきた目的と理由
2015/10/10(土) 12:08:52

9/23~24で伊豆に旅行に出かけてきた。
「せっかく休みをもらって9連休になったのだから、家にこもっていても仕方ないし、旅にでも行くか」と直前に思いついた。
今回の旅行にいった目的と理由をメモしておく。

1.考え事をしたい
2.積読を消化する
3.SNSから離れる
4.移動距離とアイディアが比例するから
5.酒を買う
6.この部屋が暮らしづらいから
7.温泉に入る
8.うまいものを食う
9.観光する

以下、各項目の説明。


1.考え事したい。
ついついケータイやパソコンをいじってしまうから、それらから離れて静かに考え事しようと思った。
ただし、何について考えるのかは特に決めてなかった。
(ケータイを持たずに旅行いってみようかとも思ったが、列車の時刻表と店までの道順を調べるのが大変そうなので
普通に持っていくことにした。ただしTwitterやFacebookは見ないようにしていた)
考える時間が取れるかと思ってたけど、実際に旅行してみると
「あ、旅行のスケジュールが最初の予定と違った。どう修正しよう」とか「次のバス/電車に間に合うようにしなきゃ」とか考える時間が多かった気がするw
移動中は本を読んでいたから考え事はしなかったし。

2.積読の消化
ちょっと前に、以下の記事を読んだ。
積読消化合宿というのをやりました - miyohide's blog
集中できる環境でひたすら本を読む。いいじゃん。ということで道中やホテルで積読を消化することにした。
ちょっと硬くて普段はなかなか手に取りづらい、という本を持って行くと良いと思う。

3.SNSから離れる
1番と近い。
最近は特に「暇さえあればほぼ無意識にTwitterかFacebook」状態だった。
何年か前は「月末の数日間はツイ禁」としていたけど、いつの間にかそれもやらなくなっていた。

4.移動距離とアイディアが比例するから
上記の3つだけならば、「ケータイを家において、近くの図書館や喫茶店やスーパー銭湯に行く」という方法でも達成できる。
でも、それじゃ物足りないなぁと思った。その理由が、本で見た「移動距離とアイディアが比例する」というフレーズである。

高城剛「白本」のA.6で見つけた。この本は、質問とその回答という形式をとっている。
対応する質問であるQ.6は「クリエイティブなこと、楽しいことを追求する際に、急にやる気がなくなったり、あるいは面倒な気分になったりすることはありますか」である。
回答の要点は以下のとおり。
・気が乗らなくなった時は「移動」することで解決する
・机の上で考えインターネットで探すよりも、街に出て歩いたほうが刺激を得て新しい感覚に遭遇する

特に今は勤務先と自宅が遠くないので、狭い範囲を移動するだけで自分の生活が完結してしまう可能性がある。
そんなわけで「なるほど、比例するならちょっと移動してこよう」と思った。
そこまで言って伊豆って近いよな、という気もする。しかし、あまり旅行に慣れていなかったし計画が旅行直前だったので近場にした。
一人旅に慣れたらもうちょい遠く行きたい。国内もまだ行ってないところが沢山あるし、海外旅行も気になる。

5.酒を買う
静岡は「吟醸王国」と言われ、豊富な種類の日本酒が揃う。
メインの目的ではないが、この旅行の目的の1つであった。

6.この部屋が暮らしづらいから
くるりの「ハイウェイ」という歌は、このように始まる。

僕が旅に出る理由はだいたい百個くらいあって
ひとつめはここじゃどうも息も詰まりそうになった
ふたつめは今宵の月が僕を誘っていること
……

俺も自分の部屋が息も詰まりそうなので旅に出ることにした。
旅行当時の俺の部屋は、机や椅子がなくて生活するのに不便で暮らしづらかったので、あまりずっと居たくなかったのだ。


という、旅に出る理由の話でした。7個目以降は特に書くこともないので省略。
考えてみれば「終始一人」「オリエンテーリングをしない」の2つの条件を満たす旅行は今回が初めてだった。
基本的に出不精な人間だから自分から積極的に外出するわけではない。

最後に、旅行中に読んだ本。

ジョージ・フリードマン「100年予測
228~316ページ(89ページ)


ジェフリー・サックス「貧困の終焉: 2025年までに世界を変える
41~149ページ(109ページ)
ボノが書いた序文は飛ばして、イントロダクションから3章まで。


グレッグ・マキューン「エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする
14~49ページ(36ページ)
上の2冊に比べると漢字の割合が少なくて速く読める。


合計234ページかー。10万字は超えたな。

それでは。
  1. 2015/10/10(土) 12:08:52|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://luvtome.blog5.fc2.com/tb.php/611-68ac17e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。