FC2ブログ

子供の落書き帳 Remix

15/4/13:ひと月に一度更新するブログになってしまっている

スポンサーサイト
--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

社外勉強会が社内Slackで共有される組織とされない組織、どっちが良いか?
2018/03/11(日) 16:21:12

デブサミをネタに既に2つも記事を書いといて(下記)、まだデブサミのことを引っ張るのかと言われそうだが
ブログのネタも他に見つからないので書いておく。
Developers Summit 2018 感想。ここでしか聞けない講演がたくさんあった
デブサミ2018 自然言語処理・機械学習を活用したファクトチェック業務の支援

ある聴衆の行動は、俺にとっては意外だった


無くて七癖ということわざがあるが、俺にはあまり行儀の良くない癖が1つある。色々なところで、人のパソコンがちょいと見えてしまう場合、つい覗いて見てしまう、という癖である。
デブサミのあるセッションで、混み合った部屋に入り、自分の座席を確保したところで一息ついていると、前の席のMacの画面が視界に入った。見るともなしに見たら、Slackの画面だった。
「××のセッションに来ました! 講演のメモを書いていこうと思います!」――だいたい、こういうような文章を打ち込んでいたと思う。

社外勉強会の席でSlackを開いている取る人は、その後も色々な社外勉強会で何度か目にした。
もし自分だけのために勉強会の記録を取るのならば、Slackはふつう使わない。ローカルのメモ帳かEvernoteだろう。……とすると、そのSlackは個人用ではなく、会社のSlackというのが最も有力だ。
自分はどうかと考えてみると、Slackで投稿するなんて全く考えもしなかった。

社内に流さない理由:「立場の問題」と「ツールの問題」


理由は簡単なことで、うちの会社にSlack(に相当するもの)が入っていないからである。
(一応、社内のSNSというのはあるにはあるが、見ている人はごく少数である。それに、Slackのような「気軽に投稿する、起きていることをリアルタイムで投稿する」という使われ方ではない。)
俺はデブサミのときはTwitterでツイートし、感想を個人のブログでまとめて書いた。なぜかといえば、会社の立場で行ったわけではなく、個人的な興味と関心で有給休暇を取って行ってきたからである。他のイベントのときも「Twitter」「ブログ」「Evernote」の3択である。
「会社の人間という立場か、個人的な関心と意志という立場か」という、立場の問題というのは一つの理由である。
しかし一方で、「ツールの問題」という理由もあった。「社内に情報を共有する手段」としてのツールがないから、そもそも伝えようとも全く思わなかった。

社外勉強会の技術情報を社内に伝播できるツールがある会社とない会社の違い



Slackばかりを見かけたからSlackと書いてきたが、ツールは別に何でも良い。社内Qiita:Teamでも社内esaでも構わないと思う。
一般化すれば「社内全体で情報共有するツール」があるかどうかの問題である。
(チャットツールとナレッジベースは本当ならば役割が違うものであるが、特に区別せず書いている)

(A) 社内に情報を共有する場がある→共有する→世の中の技術や知識が社内に普及する
(B) 社内に情報を共有する場がない→共有しない→世の中の技術や知識が社内に広まっていかない

こう考えると、社内でのコミュニケーションツールは、知識や技術を得るという効果を増幅してくれることが分かる。
おまけに、ポジティブなフィードバックという利点もある。後で「あの勉強会のメモ、ありがとう、良かったよ」なんて言われることもあるだろう。そう言われたらもっと書きたくなるものだ。そうして技術の情報共有はますます加速していくのだろう。社内の人々が何をやっているか分からない、風通しの悪い企業は、やがて置き去りにされ、引き離されていくのだろう。

そういう、社内で情報を流すツールがあるところが良いか、無いところが良いか、どっちだろう? 言うまでもなく、俺は前者です。



(余談:実のところ、「文化・カルチャーの問題」という要素もある。Slackがあっても、誰も情報共有しようと思わなければ、投稿はなく情報は伝わっていかない。文化の問題は、実は最も重大な要素だろうと思うが、しかし今回は触れないでおく。)
  1. 2018/03/11(日) 16:21:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://luvtome.blog5.fc2.com/tb.php/639-51b09939
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。