FC2ブログ

子供の落書き帳 Remix

15/4/13:ひと月に一度更新するブログになってしまっている

スポンサーサイト
--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

久々に再開した同級生が医学部1年生になっていた話
2018/05/24(木) 08:22:50

ゴールデンウィークの連休の最終日に用事があり、高校のときの同級生数人と会って話した。その中の一人の話が記憶に残っているのでここに書くことにする。
彼と会うのは高校卒業して以来なので、実に11年ぶりであった。近況を聞くと、なんと今年の4月からある大学の医学部に入ったのだという。我々が高校を卒業したのは2007年の3月のことだ。それから実に11年も後の話である。うちの高校は進学校だけあって、知的能力が高いやつらが揃っている。それゆえ、大学を卒業してから何らかの事情で再入学するという例はちらほら聞くことがあった。しかし、この歳になって大学入学というケースがあるとは意外だった。
彼は人(同級生)よりだいぶ遅く大学を卒業して働き始めた。しかしすぐに、その仕事には向いていないなと思い、仕事をする一方で転向の道を探り始めた。
始めに放送大学でいくつか講義を聞いた。 次に自分の進みたい進路に関係する資格の勉強をして、その資格を取得した。あわせて予備校に通って受験勉強をした。ある大学の医学部を受験、合格して4月から通い始めた……細かいところは間違っているかもしれないが、だいたいこんな感じの話だったと思う。
昼間に働きながら夜に医学部を目指して勉強するというのは、並大抵の苦労ではなかっただろう。短い仮眠を取った後、深夜に起きて受験勉強をすることもあった、と言っていた。

俺が特に驚いた点は2点あると思う。一点目は彼のキャラの変貌ぶりである。高校の時はゲームばかりしていて、お世辞にも勉強熱心な人ではなかった。同級生であれば、誰が頭が良くて、誰がそうではない、というのはなんとなく分かっていたが、成績も決して上の方ではなかったはずだ。大学に進んでからのことは知らないが、卒業にだいぶ時間がかかっていたのだから、あまり勉学に熱心に打ち込んだようにも思えない。彼の心に火がついたきっかけは何であったのか、それは聞くことができなかったが、昔からは想像もつかない変身ぶりに驚嘆した。

驚いた点の2点目は彼のキャリアチェンジがだいぶ急激であった点である。彼はもともと文系だったのだ。
文系の知識しかない状態から、医学部を目指して勉強して、必要な理科系の知識を一通り習得する……どれほど大変なことだろうか。(ちょっと医学部受験に必要な教科が分からないので、どの教科がどの程度必要なのか具体的なことは言えないが)
俺や同級生はもうすぐ30になろうという歳なので、職務の方向性が少なからず限定されているものと思っていた。ところがどっこい、俺の想定を覆すような大ジャンプを成し遂げてしまう人もいるのである。
まあ、なんと言うか、俺がやろうとしているのは同じエンジニアの中での転向なのだから彼に比べればずっと楽なことだろう。彼がそんな大幅なジャンプができたんなら、俺だってやってやれないことはないだろう、という気持ちなのであります。

「周りの18歳や19歳の同級生に比べるとずいぶん年が離れているので、講義のディスカッションの時間には、さん付け敬語で呼ばれちゃってさぁ」と彼は笑っていたが、大変ながらも充実していて楽しそうであった。
大学に入ってからの6年間で辛いこともあるだろうけれど、血の滲むような努力をしてきつい受験勉強を乗り越えて入学したことを思えば、きっとやっていけるんじゃないかな……彼と別れたあと、そんなことを考えた。
  1. 2018/05/24(木) 08:22:50|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://luvtome.blog5.fc2.com/tb.php/642-c460503a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。